Information

2018.10.28

「徳島大学名誉教授荒木秀夫氏によるMR. ARAKIコオーディネーションメソッド指導者無料体験会」開催

アスリートと街をつなげ、スポーツの力で街を元気にするアスマッチプロジェクト(所在地:東京都渋谷区、代表:森下尚紀)は、 2018年11月24日(土)に田町の東京工業大学付属科学技術高等学校にて「徳島大学 名誉教授荒木秀夫氏によるMR. ARAKIコオーディネーションメソッド指導者無料体験会」を開催いたします。

なお、この体験会はアスマッチプロジェクトが主催し、同会場にて実施される「U-18 フリーキック選手権2018東京都 大会 supported by スカサカ!」の一つのプログラムとして実施されます。

コオーディネーション理論とはドイツを中心としたヨーロッパにて運動の基礎トレーニングとして行われ、多くのヨーロッパフットボールチームが導入しており、日本サッカー界でも徐々に話題となってきています。そのコオーディネーション理論を30年にわたり研究し、独自のコオーディネーションメソッドを確立した徳島大学名誉教授の荒木氏が今回、スポーツ指導者向けに体験会を無料にて実施いたします。

この指導者体験会に参加をご希望される方は、下記申込書に必要事項をご記入の上、大会事務局宛にメール、またはFAXにてお申込みください。なお、本体験会は先着100名様限定とさせて頂きますので、お早めにお申し込みいただきますようお願い申し上げます。

詳細はこちら>>

2018.10.17

「U-18フリーキック選手権2018 東京都大会 supported by スカサカ!」 参加ご希望チームお申込受付中!

アスリートと街をつなげ、スポーツの力で街を元気にするアスマッチプロジェクト(所在地:東京都渋谷区、代表:森下尚紀)は、 2018年11月24日(土)に「U-18フリーキック選手権2018 東京都大会 supported by スカサカ!」を田町の東京工業大学付属科学技術高等学校にて、 24時間サッカー専門チャンネル「スカサカ!」、サッカー専門誌「サッカーダイジェスト」と共同で開催いたします。

この大会は、アスマッチプロジェクト、サッカー元日本代表の三浦淳寛氏、元国際審判員の西村雄一氏が発起人となり立ち上がった企画で、一昨年はじめて港区で開催いたしました。「日本がフリーキック先進国となり、世界で優勝すること」、「子ども達がキックの重要性を再認識し、フリーキックへのこだわりが強くなること」、「選手同士、選手と指導者、参加者と街(マチ)、参加者とご協賛企業様の距離を近づけること」を目的として開催いたします。

この大会に参加をご希望される方は、申込書に必要事項をご記入の上、大会事務局宛にメール、またはFAXにてお申込みください。なお、本大会は先着制とさせて頂きますので、お早めにお申し込みいただきますようお願い申し上げます。

詳細はこちら>>

2018.6.2

2018年も高校生フリーキック選手権開催決定!FARM Sports Fundingにてクラウドファンディングもスタート!

 アスリートと街をつなげ、スポーツの力で街を元気にする「アスマッチプロジェクト」(所在地:東京都渋谷区、代表:森下尚紀)は、株式会社マグノリア・スポーツマネジメントのスポーツ特化型クラウドファンディング「FARM Sports Funding」を活用して、「高校生フリーキック選手権」のプロジェクトをスタートしましたことをお知らせいたします。

 高校生フリーキック選手権は、アスマッチプロジェクト、サッカー元日本代表の三浦淳寛氏、元国際審判員の西村雄一氏が発起人となり立ち上がった企画で、2016年より港区でスタートしました。「日本がフリーキック先進国となり、世界で優勝すること」「子ども達がキックの重要性を再認識し、フリーキックへのこだわりが強くなること」「選手同士、選手と指導者、参加者と街(マチ)、参加者とご協賛企業様の距離を近づけること」を目的として開催いたします。今回、更にフリーキックの重要性を広め、フリーキック選手権の認知度向上と、全国展開をしていくために本プロジェクトを立ち上げました。

詳細ページはこちら >>

2018.1.11

ウィルチェアラグビー日本代表 官野一彦氏による『JPN TAXI 検証・試乗会』を実施

PDFダウンロードはこちら >>

 アスリートと街をつなげ、スポーツの力で街を元気にする「アスマッチプロジェクト」(所在地:東京都渋谷区、代表:森下尚紀)は、東京で様々なタクシーサービスを展開する日の丸交通株式会社(所在地:東京都文京区、代表取締役:富田 和孝、以下 日の丸交通)が導入したJPN TAXIの機能・仕様に関して、ウィルチェアラグビー日本代表 官野一彦氏をお招きし、実際に車いすを使用しているユーザー目線で検証・試乗会を実施いたしました。